家とスタイル

ワンルームマンションのためのオリジナルのアイデア:どのようにゲストを驚かせ、快適に暮らすか(52写真)

今日、ワンベッドルームアパートメントは大きな需要があります。若い家族は、小さな地域ではありますが、できるだけ早く不動産にすべての貯蓄を投資します。今日、デザイナーはワンルームマンションのためのさまざまなアイデアを提供しています。家族はそれを小さな収入でも簡単に実現できます。この質問の主なことは、実験を恐れず、アパートが再開発されるか、すべての壁が単に破壊されるという事実に備えて準備することです。







インテリアを作成するための一般的な推奨事項

選択されたスタイルに関係なく、あなたはワンルームマンションのインテリアはする必要があることを覚えておく必要があります:

  • 機能する
  • 家族全員にとって快適であること。
  • あらゆる種類の技術で視覚的に向上させる。
  • 明確に区分されていること。
  • 隠されたストレージシステムがあります。
  • 不要なアイテムやかさばる家具はありません。

odnushkiのデザインプロジェクトを開発するときは、1平方センチメートルのスペースを最大限に活用する必要があるので、このインテリアは間違いなく存在します。

  • 作り付けの電気器具;
  • 吊り棚とキャビネット
  • 多機能家具。

だから、ワンルームマンションのためのリネンのための箱を持って、ソファにフィット。枕、毛布、オフシーズンの靴を保管し、クローゼット内のスペースを占有しないことが可能です。またこの内部に変形のテーブルかキャビネットがある場合もあり、そのドアは1つの動きでテーブルに変わる。






今日の専門家はワンルームマンションの再開発のためのさまざまなアイデアを提供していますが、ここで再開発は特別な許可がある場合にのみ可能であることを理解することが重要です。また、壁の解体 - 喜びは安くはありません。再開発する機会がない場合は、絶望しないでください。ワンルームマンションのインテリアには非常に興味深いアイデアがありますが、それは適切な家具、照明、装飾材料を選ぶことによってのみ実現できます。

再開発に従事している人は、あなたは機能分野を選択する必要があります。たとえば、寝室は台所の近くにはいけません。また、ダイニングエリアは作業場の近くにはいけません。台所が食堂にスムーズに移動し、仕事用のテーブルと子供用のゆりかごが両親のベッドのそばに立つのが合理的です。





配色を選択してください

ワンルームのアパートの面積は小さいので、壁を飾るためには、他のインテリアアイテムのための良い背景になります明るい暖かい色を使用する必要があります。モノクロの壁を作ることができます:

  • ベージュ
  • クリーミー
  • 牛乳
  • 砂浜
  • 色は「シャンパンはね」。
  • クリーミー。

そのようなインテリアでは、すべての色合いの茶色、落ち着いた黄色、濃い緑色、濃い青、パステルカラーに見えることがあります。ピンクと青だけが慎重に使われるべきです - それらは多くてはいけません、さもなければ彼らはいらいらし始めます。赤を使った対策を知る価値があります。家具やアクセサリーには適していますが、壁には適していません。天井と壁が同じ範囲の明るい色で表示されている場合、部屋は視覚的により高く、より広く見えます。




スペースゾーニング

今日のデザイナーはワンルームマンションをゾーニングするあらゆる種類のアイデアを提供しています。最も難しいのは、子供がいる家族のために1人の女の子のいる場所を区画することです。

したがって、子供連れの家族のためのワンルームアパートメントには、次の機能領域があるはずです。

  • キッチン
  • リビングルーム
  • バスルーム。
  • 寝る場所。
  • ダイニングエリア
  • 赤ちゃんを眠らせ、遊ぶ場所。




バスルームは別室に割り当てられています。残りのゾーンは、次の方法で分離できます。

  • カーテン
  • 備品
  • キャビネット家具。
  • 対照的な色。
  • スクリーン
  • 石膏ボードの仕切り。
  • 引き戸

あなたはフルシチョフのワンルームマンションのための最も簡単なアイデアを使うことができます - ワードローブと棚で空間を分けます。部屋の空気を増やすためには、食堂と遊戯室の間にラックを設置することをお勧めします。棚は物でいっぱいになってはいけません。彼らは本、彫像、スタイリッシュな段ボール箱を置くことができます。キッチンはダイニングテーブルとして使用できるバーカウンターで他のすべてのゾーンから分離することができます。キャビネットの仕切りは大きくなりすぎず、日光の動きを妨げません。

アパートの明るさが増えるほど、快適で広々とした感じになります。室内のソファーもスペースを分割するために使用することができます。それは台所と寝室に引き返すことができます、そしてそれ故にテレビを見ることの領域は他の全てから分離されるでしょう。

ベッドルームと子供部屋は、モバイルスクリーンで仕切ることができます。それらは持ち運びが容易であり、そしてそれらは多くのスペースを占有しない。スクリーンは夕方には立てられ、日中は掃除され、アパート全体の空間は再び統一されます。







カーテンの助けを借りて、他のすべてのゾーンからベッドを分離することができます。例えば、彼らは窓の近くにベッドを置き、その全周に厚いカーテンを掛けます。夜には、彼らは引っ張ることができ、そして日は押します。半透明のシフォンカーテンの助けを借りて、あなたはダイニングエリアからリビングルームを分けることができます。カーテンの選択はインテリアのスタイルによって異なります。密な生地は古典的なインテリアに適しています、薄い半透明 - 東のために、そして竹製ブラインドは和風またはエコスタイルによく合います。適切に選択された小間が視覚的に天井を上げます。布のカーテンは台所のゾーニングには適していません - 料理の匂いを吸収します。



常に収益性の高いオプション - ランプや備品の助けを借りてワンルームアパートのスペースをゾーニング。ここですべてが簡単です - それぞれのゾーンはそれ自身の別々の光源を持つべきです。台所の作業面の上には、長いコードで複数のランプを吊るして、バーカウンターの上に置くことができます。壁取り付け用の燭台がベッドの上に掛けられ、フロアランプがソファーの隣に置かれています。机やコンピュータスタンドが照らされている場所。ワンルームマンションの保育園では明るい光源と薄暗い電球のランプがあるはずです。 1人目の子供は宿題をするときや、宿題をするときに使います。そのような部屋の天井の下に1つの大きなシャンデリアをぶら下げるという考えをすぐに放棄することをお勧めします。どんな小さな部屋でも、シーリングライトを使って美しく条件付きゾーンに分けることができます。

ゾーニングルームには仕上げ材を使用しました。だから、台所にタイルを置くことができ、ラミネートを閉じるためのスペースの残りの部分。ベッドがある壁には、落ち着いた青い色を塗ることができ、他のすべての人は明るい色合いを選ぶことができます。対照的な色はまたスペースを分けるために建てられた乾式壁の構造を特色とする。






追加設計によるスペースゾーニング

ワンベッドルームのアパートの修理のためのさまざまなアイデアは、しばしば一つのことを結合します - 石膏ボードの構造のすべての種類を構築する必要性。この材料は非常に用途が広いので、あらゆるスタイルのインテリアを作成するのに適しています。正方形または長方形の貫通穴を有する仕切りの助けを借りて、任意のゾーンを分離することができる。それらは棚として使用され、それらに屋内花および内部項目を置きます。また、台所からの居間は不規則な形の仕切りによって分けることができる。それは半円形、楕円形またはギザギザの縁を持つことができます。

さまざまなレベルの建造物を利用して、1部屋のアパートのスペースを調整できます。たとえば、部屋の一部には、就寝スペースや作業スペースとして使用される高い表彰台を設定できます。その下の場所は、大量のものが収まる便利なストレージシステムに変えることができます。

ワンベッドルームアパートメントのあらゆる種類のアイデアの再開発は、通常の引き戸を使用して実装できます。色付きのガラス扉でキッチンを他のスペースから切り離します。ステンドグラスのドアは、古典的な東部のインテリアにぴったりフィットします。寝室と子供部屋は木製のドアで仕切られています。この設計は確かに平和な眠りを確実にするでしょう。




odnushekに最適

小さな部屋の本当の恩恵は鏡面の使用になります。鏡が正面玄関に取り付けられている場合、廊下は2倍の長さに見えます。ワードローブの扉も鏡に映すべきです。彼らと共に、最も広いワードローブさえ見えないでしょう。

合理的に使用されるスペースを作るために、ベッドの上に軽い材料の密閉貯蔵システムを置くことができます。スポットライトはこれらの棚の下部に設置され、そしてこの全体のかさばるデザインはインテリアによく収まります。

アパートに広々とした、それは家具の不要な部分ではないはずです。この場合、あなたが持っているすべてのものを批判的に検討し、余分なものを取り除くことは価値があります。たとえば、部屋にソファがある場合は、その隣に椅子を置く必要はありません。彼らは完全にソファに横になっている広いクッションに置き換えられ、ゲストが到着すると、彼らは床に配置されます。ラップトップで働く人々は別の机を必要としません。この役割では、キッチンテーブルやバーカウンターがうまくいきます。

ファッションデザイナーは、古いソビエトの家具のためのスペースが絶対にないスペースを組織するという異なる現代のアイデアを提供します。磨かれた茶色の壁の助けを借りてスペースをゾーニングしようとする人もいますが、これは最良の選択肢ではありません。そのような壁は部屋の3分の1を占め、ずっと小さくなります。家具は薄いペンキで塗られた薄い石膏ボードの仕切りを簡単に置き換えることができます。



重要な詳細

ワンルームマンションのインテリアでは、絶対にすべてが重要であるので、あなたは慎重にインテリアのささいなことや詳細の選択に近づくべきです。壁、床、天井を落ち着いた色の背景にすると、小さな装飾品が明るくなります。一般的に、小さな部屋にはあまり明るい色があってはいけません。

ワンルームのアパートでは、明るいカーテン、クッション、カーペット、カーペット、絵画、フォトフレーム、壁画、その他の内装の小物があります。それらはすべて同じ色とスタイルでなければなりません。たとえば、ターコイズブルーのクッションを白いソファの上に置き、それらをカーテンやカーペットに合わせることができます。キッチンセットは、グレーのプラスチックで作ることができます、そしてゆったりとした製品、ランプシェード、冷蔵庫、皿の収納のための缶 - 赤。スタイリッシュでオリジナルです。

ワンルームマンションのインテリアを作成する際には、スタイルを混在させるべきではありません。ロフト、モダン、クラシック、エコ、プロヴァンス:バスルームや廊下を含むあなたのアパート全体はたった一つのスタイルであるべきです。また、同じ部屋でこれらのスタイルを組み合わせないでください。実験愛好家の中には、台所をロフト風にしたり、寝室にはばかげて見える日本のモチーフを選んだ人もいます。




小さな部屋のインテリアには快適でした、あなたは鋭い角の数を最小限に抑える必要があります。四角いテーブルの代わりに、丸いものを置いて、鋭い角ではなく滑らかな小節線をバーカウンターに置いて、壁の楕円形と丸いフレームに写真や写真をぶら下げるようにします。

窓敷居はあなたの内部および有用なスペースの一部になることができることも覚えておくべきです。本を保管する机、バー、または棚として使用できます。それは他の家具と同じ木で作ることができます。




ワンルームマンションに引っ越しても、家族は狭い場所で生活することはできません。現代のデザイナーは生活空間を組織する方法のために膨大な数の選択肢を提供しました、それでいくつかの別々の機能的なゾーンがそこに現れるように。この問題を解決する方法は非常に異なる場合があります。壁の解体、新しい建物の建設から、カーテンと紙のスクリーンを使用した建物の分離まで。あなたが余裕があることができる方法を選択し、あなたのワンルームマンションをより良くする。