家とスタイル

部屋の桃のカーテン:食欲をそそるインテリアを作成する(21写真)

あなたの家の現代的でスタイリッシュなイメージを作成して、我々は壁、家具と織物のための色の選択を熟考します。それで、今日のインテリアで広く普及しているのは桃色です。彼は部屋の仕上げを担当することも、調和して細部まで調和させることもできます(花瓶、フォトフレーム、枕)。この場合、桃のカーテンは良い解決策になります。そのような色合いのウィンドウテキスタイルは、それ自体に日光を通過させ、あなたの家の空間を暖かさと居心地の良い空間で満たします。そして薄暗い日には、インテリアは完全に復活します。




なぜ桃の色が窓の装飾に適しているのか

この色は彩度が異なる色合いがたくさんあります。そのうちのいくつかは明るく暖かい、他は淡い、寒いです。桃色のライトカーテンを選択すると、平和と静けさのオーラを作成できます。そのような環境では、辛い一日の仕事の後にリラックスして、休むのがいいです。もっと彩度の高いトーンは違った働きをします。あたかも太陽光線のエネルギーで私たちを充電するかのように、トーンアップして気分を高めます。いずれにせよ、特に晴れた日には、ピーチウィンドウテキスタイルが日光とうまく組み合わされました。




どの色がこの色のカーテンを組み合わせることができます

桃のカーテンのすべてのトーンは、次の色でインテリアに組み合わせることができます。

  • 白その背景に対して、熟した桃の色は特に有益で、お祝いでさえも見えるでしょう。白と桃の組み合わせにチョコレート色を加えることができます。これは明らかに目の解決策にとって喜ばしいことです。
  • サンゴ、ピンク、深紅色。このオプションは異なる派手さ、一定の厳粛さです。ただし、内部の同じような繊維と明るい部分とのバランスをとることが重要です。
  • ターコイズとライム。これら二つの色は完全に桃を補完します。だから、あなたは台所や子供部屋で同じような色のプリントとカーテンを使用することができます。
  • ベージュグレー、レモンプラスピーチ。同様のオプションを選択すると、面白い効果が得られます。インテリアはオリジナルでスタイリッシュに見えるでしょう。

同じ空間でそれらを使用して、異なる色合いの桃の織物を合成することも可能です。例えば、淡いチュールと濃厚で厚いカーテンが熟した果実の色を表しています。

これらの色または他の色の家具、床、織物を組み合わせるときは、カーテンの色の濃さを考慮する必要があります。彼らが明るくなると(オレンジやテラコッタに近い)、壁はもっと薄くなるはずです。反対に、カーテンが半透明で、色合いが黄色に近い場合は、装飾に桃の壁紙や布張りの家具を安全に使用できます。



桃色の織物を使う価値がある部屋

この布の色はあなたの家のどの部屋の窓飾りにも適しています。

  • リビングルームホールのためにカーテンを拾うことは部屋の文体的な決断に従ってあるべきです。リビングルームの桃のカーテンは、窓の織物が家具や壁や床の装飾と不快にならないように選択されています。ここでは、桃のニュートラルと豊かな色合いの両方を使用することができます。
  • ラウンジ繊細な乳白色の桃の色合いの寝室でカーテンを拾うのは論理的でしょう。同時に、十分な暗色化をもたらすことができるように濃い布を選ぶ。
  • キッチンファブリックブラインドとロールブラインドは、キッチンにも同様に適しています。ブラインドのような実用的な選択肢を忘れないでください。台所の桃のカーテンは気分だけでなく食欲も改善します。それらは、軽く、風通しがよく、あるいはかなり濃厚であり得る。
  • こどもここで一致したカーテンは色のかなり多様な、より勇敢な組み合わせを変えることができます。保育園では、明るい桃の壁紙との組み合わせで、カーテン生地の明るく興味深いパターンを使用することができます。




ピーチカラーのウィンドウテキスタイルは多用途です。それはホール、台所または保育園でだけでなく、ゲストハウスでも図書館でも使用することができます。




文体決定

桃色のカーテンは、ほとんどすべてのスタイルでインテリアと調和することができます。唯一の例外は、モノクロを意味するハイテクです。そのようなカーテンはうまく追加されます:

  • クラシックスタイルPortiere装飾されたランブレキン、カーテン、タッセルはいかがでしょう。多層の落ち着いたトーンは大歓迎です。
  • 現代のここに様式化された花飾りは関連しています。キャンバスのデザインはシンプルで、飾り布、フリルはありません。織物の明るい色合いを許可します。
  • ミニマリズム他の明るい色が部屋で使用されていない限り、豊かな桃のカーテン、さらに同色のクッションをいくつか使用して、ミニマリストの部屋のデザインのメインカラーアクセントにすることができます。
  • カントリースタイルまたはプロヴァンス。これらは似たような機能を持っているので、それらを1つのグループにまとめます。小さな白いプリント(セル、ストリップまたは花)を持つ桃のカーテンは、そのようなインテリアにぴったりです。
  • 私たちが桃、ピンク、バーガンディ色を組み合わせたパターンを持つカーテンを考えるならば、それらはオリエンタルスタイルのインテリアにとって正しい決断となるでしょう。特に生地の飾りが複雑な南部のモチーフであるならば。



この色のカーテンの長所と短所

桃のカーテンの利点は次のとおりです。色の多様性、調和感とそれが与える快適さ、カラーソリューションの多く。

デメリットは次のとおりです。カーテンが広い面積を占める場合、カーテンは濃い色で作られていますが(部屋にも桃の壁紙があります)、これは内部がこの色であふれていることをすでに示している可能性があります。それが困難になるとさえ感じて、いらいらさせさえします。この影響を避けるには、より静かで明るいトーンを選択してください。

それで、熟した桃の色はあなたの家のどんな部屋でも窓飾りのための良い解決策です。そのようなカーテンで補完された部屋は、人の感情的背景に有益な効果をもたらし、ムードとパフォーマンスを向上させます。