家とスタイル

赤いソファ:モダンなインテリアの明るいアクセント(27写真)

赤コーナーのソファー、スカーレットのソファー、布張りの家具の絶妙な紫色のセット - アパートの所有者が何を選んでも、そのような属性は回廊を壮観で魅力的なものにします。基本的な家具のそのような明るい色は、最もキャッチーな悪い味になることも、完璧なスタイルを体現することもできます。それはすべて内部の細部そして全体的な概念に左右される。



赤い家具製造販売業および装飾の選択:選択の複雑さ

「赤いソファ」と言えば、この言葉で何でもいいです。これらには、さまざまな室内装飾テクスチャ、装飾の補助要素の存在、および緋色のキャンバスを基にしたいくつかの色の組み合わせ、さらには異なる角度からの同じものの様式化さえも含まれます。

赤い肌

革張りの赤いコーナーソファは非常に複雑な要素です。材料自体は打ちにくいです。デザインのアイデア自体の細部への不注意や不完全さは、豪華な革張りのソファが場違いで無味に見えるという事実につながる可能性があります。



ミニマルな構成のベストルック。この家具が好意的にフィットする好ましいスタイル - 挑発的なアールデコ調とモダンな雰囲気。民族や東洋のモチーフを試す理由があります。

赤い革張りのソファはプロヴァンス、カントリー、チェビのシックなスタイルのコンセプトには合いません。海洋やスカンジナビアのインテリアもそのような実験には適していません。

赤いキャンバス上のパターン

一方では、絶対にどんなパターンでも赤いソファをデザイナーにとって真の問題に変えることができます。結局のところ、そのような明るくて派手な装飾は、すべての属性を組み合わせるという点で多くの問題を引き起こします。一方、緋色のキャンバス上で適切に選択された飾りはあなたが部屋全体のために特定のトーンを設定することを可能にし、装飾的な家具をより調和的にします。

スカーレットパレットはバロックの概念の擬人化と見なされます。ロココ様式の豪華なインテリア、貴族の名作、そして同じバロック様式を作り出すために、あなたは安全にいくつかの柔らかいプーフか1つの優雅なソファーによって補完される赤い角のソファーを選ぶことができます。パターンは金または銀です。黒い飾り、サファイアとクリームのプリントは面白そうです。



もう一つの重要なニュアンス:家具は非常に "貴族的なスタイル"の概念を強調します高価な材料で作られるべきです。例えば、それは刻まれた足、優雅に装飾された肘掛けとソファーの後ろで織り目加工のベルベットと天然木であることができます。



価値がある代替手段としての赤の色合い

赤いパレットは魅力的で高価な色合いが豊富です。ここにそれらのほんの一部があります:

  • マルサラ
  • ボルドー。
  • クリムゾン
  • 紫色
  • スカーレット

厳格なボルドーはオフィスに完璧にフィットします。ピンクはティーンエイジャーの部屋のための良い解決策になります。白い装飾の要素を持つ緋色のトーンは完全に家の中の装飾をリフレッシュします。リビングルームのインテリアにあるこのような赤いソファは、その重要な役割を果たすでしょう。



キッチン - 「スカーレット」実験の出発点

あなたがあなたの余暇で実験することができる最も「感謝する」場所は台所です。主なものは、燃えるようなパレットから実用的な室内装飾品と好きな色合いを選ぶことです。赤いコーナーのソファーは台所に特別な肯定的を与えるでしょう。



アクセサリーと装飾を補完するそのような明るい属性は喜びです。また、あなたは美食の要素で遊ぶことができます。例えば、いちご色の柔らかい角は、キッチンカーテン、作業用エプロンまたは装飾用織物のベリーの装飾を効果的に引き立てます。

赤の背景と大規模な詳細

緋色のパレットの攻撃性は常に伝統的な白と黒の色を使って平準化することができます。同じキッチンソファーは赤ですが、黒い木製の肘掛け椅子ではまったく違った印象を受けます。黒い色は華やかなパターン、民主的な細胞、折衷的な縞を作成するのに使用することができます。

アールデコ - あなたが一度に3つの基本色を組み合わせることができる完璧なスタイル。ベースは白いソファです。複雑なシュールな構成を形成する黒い飾りと赤い要素は、この家具に特別な文体的な着色を与えます。

ミニマリズム

ミニマリストデザインが現代のインテリアのそのような複雑な要素でより自由に働くことを可能にするという事実はすでに述べられています。基礎としてのミニマリズムは、形、大きさ、全体的な構成に関する実験で寛大に満たされることができます。

1つのデザインの決定における赤のコーナーソファといくつかの椅子は、モダンスタイル、モダンクラシック、前衛的、そして帝国に関連しています。同時に、アパートの所有者はシンプルなモジュラー家具(光沢が色を加えるでしょう)と贅沢な現代美術のカテゴリーに含まれることができる完全に狂ったアイテムの両方を自由に選択できます。

ベルベットとベルベット

おそらくこれは、ソファ張りのための最も実用的ではない材料の1つですが、あらゆる点で最も豪華で、スタイル的に豊かで快適です。真の贅沢は黒、銀、クリーム色の装飾でよく補完されています。

高価な錦やベルベットで装飾された赤いソファ付きのリビングルームは、最も親愛なるゲストを受け入れる場所になります。そのような家具はトレンディなオリエンタルインテリアを作成するためのまともな基盤になることができます。ビロードのキャンバスが施された赤いコーナーのソファーは、ビクトリア朝時代のシックさを象徴する、本当に高級なインテリアを作り出すことを可能にするでしょう。

オフィス用

多くの場合、勤務先のホームオフィスでは革張りの家具を置くことを好みます。しっかりと立派に見えます。黒い色は時々作業室の状況を覆い隠しますが、真っ赤な角のソファーは作曲全体に心理的な不快感をもたらすことがあります。

理想的 - 高品質のレザーキャンバスの上の豊富なマルサラまたは豊かなバーガンディ。スタイル - クラシックまたは控えめなモダン。そのような家具はより適切で新鮮に見え、部屋全体に洗練された光沢を与えます。

休息の私室

心理学者の支援を受けている多くのデザイナーは、寝室を赤で飾るのを控えるように勧められています。さらに、ソファーベッド、赤と緋色の使用、そのピンク色は休息とリラクゼーションを調整するよりも面倒です。

しかし、これはコインの片面だけです。結局、赤は愛、官能的なエロティカ、そして情熱の象徴と考えられています。あなたが注意深くスタイルを考えているなら、たとえ最も明るい色合いの赤いベッドでも寝室に落ち着くことができるでしょう(例えば、柔らかい昼寝をしている黒いカーペット)。

大胆な実験や明るいデザインを恐れてはいけません。二次付属品を扱うスタイルと能力の感覚はあなたがあなたの住居を最も快適で美しいものにすることを可能にするでしょう。